中国の伝統文化ポータルサイト culhun カールハン

中国の銀工芸品

access log

中国の銀工芸品

中国の銀工芸品

 

中国では銀の工芸品の歴史がとても長く、基本は人工制作となる。


現在でも機材を使わず、手で作られているものがほとんど、


特に中国の少数民族では、唐、明時代の伝統工芸技術そのまま引き継いてきている。


特に苗族は特に銀製品を好み、今でも男女ともにつけている。

 

銀工芸の歴史

 

中国の明の時代で、黔东と黔中の苗族について、


「銀の環で耳元を飾る」という本の記載があるが、当時では数量は少ない。


清の時代になり、銀の飾りものが流行になっていて、

普段の庶民でも使うようになって、その数も多くなっていた。

苗族の女性では頭に銀の花をつけて、耳には銀の輪、

そして数多ければ多いほど、富の象徴となっていた。


時代の流れによって、清の時代の大きいな銀輪ピアスから、小さい繊細なピアス、


ネクレスなど、進化していた。その繊細の手工芸技術の進化によって、

 

銀の冠、銀の福といた難易度高い工芸品も出現していた。

 

銀工芸の特徴

 

銀工芸技術は自分の民族の男のみ、受け継がれている。特に黔の东南部と湘の西エリアは特にその技術性が高い。

 

製品は粗細2種類と分かれている。

粗のものは黄平、炉山、台江エリアでの流行っている。

一般的には繊細な工芸技術は求められてなく、銀の重さが重視されている。

銀を富の象徴として見られている。


細件のものは銀の使用量は少ないが、繊細な技術を求められている。

特に黔东の清水江エリアと舞陽河エリアの銀の花、銀の羽、銀の冠など、

先祖に祭祀用として作られている。

 

銀工芸の種類

 

工芸品の特徴で3種類を分かれている

 

第1種類

 

工芸技術高く、工程が複雑、できた製品が美しい。主な成品としては銀の冠、銀の花形のブレスレット、銀のシュシュなど。

 

第2種類

 

技術が繊細、種類多く、流行性が高く、工程は単調。通常は一つの銀の板から形を整えていくことが多い。

 

第3種類

 

工芸性が低く、銀の量が大きい。指輪、ネックレスなど男用の飾り物が多い。