中国の伝統文化ポータルサイト culhun カールハン

墨(中国の書道)

access log

墨(中国の書道)

墨の原材料としては煙料、漢方材料から作られ、その材料を水で研ぎ磨き、黒い墨が出てくる。

墨は中国古代では不可欠の必須用品であり、字を書く、絵を描くなど、すべて墨を使う。

 

墨の歴史

人工の墨が生産される前、天然の墨を使っていた。墨の発明は筆より遅く、中国の考古では公元前14世紀の石と骨の器では墨の跡が見つかれていた。

そして、湖北省で墨の塊が発掘された。

中国の漢の時代から、ようやく人工の墨用品を作られて、その墨の原材料は松の煙からとっていた。

南北朝にあたって、墨の質どんどん改良されていた。

特に北魏時代の贾思勰の「齊民要術」では中国最古の人工墨生産方法の文書であった。

そして、唐の時代では墨製造名人奚超、奚廷珪親子からはじめ、

宋の時代の潘谷、明の邵格之、程君房、方于鲁などえて、今までの質のいい墨まで改良された。

 

墨の種類

墨は松煙墨と油煙墨と2種類がある。

松煙墨では松の木からとった灰で作られて、

特徴は色黒、光沢は悪い、墨の質が軽め、字書くには最適。

油煙墨の多くでは動物か植物の油の煙から作られた。

光沢度が高いが特徴。