中国の伝統文化ポータルサイト culhun カールハン

中国のお茶文化

access log

中国のお茶文化

中国は茶樹の故郷と言われ、長い歴史を持つ中国のお茶。儒、道、佛等々の文化基盤に合わせて、中国のお茶文化大きく進化していた。

唐の時代で、中国のお茶は日本と朝鮮半島へ流通へ拡大、16世紀以後、欧米への流通が初めていた。

 

中国お茶文化の歴史

中国のお茶文化は大体漢の時代からスタートし、唐の時代で流行り出した。中国の古代書籍でもお茶の文化を書かれていた。

漢以後、いろいろなところで、お茶に対する記載があり、唐の時代、王族まで、お茶に対する理解を深まり、ブランディングされ始めた。

明の時代になった際、お茶をビジネスとして、いろんなところへ流通させていた。

日本のお茶文化も唐の時代、仏教の影響で、日本から中国へ禅師が行き、仏教の交流と一緒に、お茶の文化も中国から日本へ流通してきた。

そして、十六世紀ポルトガル人がヨーロッパからアジアへ渡ってきて、お茶の文化を初めて体験し、そのものをヨーロッパへ持ち帰っていた。

17世紀、中国の広東、マカオを拠点に、中国のお茶がヨーロッパへ輸出することになり、どんどん流行を呼んでいた。

 

中国お茶の種類

 中国のお茶は大きく分けると6種類があります。

【烏龍茶】

烏龍茶の中で、鉄観音、黄金桂、武夷岩茶、漳平水仙茶、漳州黄芽奇兰、永春仏手、台湾凍烏龍、広東凤凰水仙、凤凰单枞等々種類がある

【紅茶】

紅茶の中で、正山小種、金骏眉、银骏眉、坦洋工夫、祁门工夫、宁红等々種類がある。

【緑茶】

緑茶の中で、龙井、碧柔春、黄山毛峰、南京雨花茶、信阳毛尖、庐山云雾茶等々種類がある。

【白茶】

白茶の中で、君山银针、白毫银针、白牡丹、贡眉、寿眉等々種類がある。

【黒茶】

黒茶の中で、プーアル茶、茯砖茶、六堡茶等々種類がある

【黄色茶】

黄茶の中で、霍山黄芽、蒙山黄芽等々種類がある