中国の伝統文化ポータルサイト culhun カールハン

雲南

access log

雲南

中国の南西に位置する場所。
北は四川省、東は貴州と広西と繋がり、北西方面はチベットと隣接。
南部、西部ではラオスやベトナム、そしてミャンマーとつながっている。
雲南省は中国から東南アジア、南アジア行く玄関口となっている。

雲南省の歴史

 

雲南省は夏、商の時代では、中国九州の一つである梁州。
公元前3世紀、当時楚国の将軍庄蹻が雲南省で滇国を作っていた。
有名な三国時代では現在の雲南省の南部と中部、それぞれの貴族が自分の領土として占領していた。
その後諸葛亮が軍を率いて、南中に進み、郡を設置した。

唐と宋の時代になっていくと、
南诏国と大理国を設立されて、戦争繰り返してきた。

民国十八年(1929年)蒋介石が雲南を省として設立し、当時龍云を政府主席として任命した。

1949年中国人民共和国設立後、1950年3月、雲南省人民政府設立。

 

雲南省の特徴

 

雲南省は自然資源が豊かで、鉱石資源と生物資源とても多い。
鉱石資源では発見されたものですと143種類がある。その中に61種類のものは中国全国でtop10に入る量をもっている。

生物資源でいくと、雲南省は中国の中で、植物王国といわれている。
動物もたくさんあって、保護動物の種類も200種類以上生存している。

 

雲南省の民族

 

雲南省のもう一つの特徴として、少数民族がとても多い場所。
25種類の少数民族が存在している。
彝族、白族、哈尼族、傣族、壮族、苗族、回族、傈僳族、拉祜族、佤族、纳西族、
瑶族、景颇族、藏族、布朗族、布依族、阿昌族、普米族、蒙古族、怒族
基诺族、德昂族、水族、满族、独龙族

民族が多いことで、それぞれの民族特有の祭日があり、
雲南省に訪れる際、どの季節でも楽しめる祭りがある。